シチリアクラブ Sicilia Club
シチリア最新現地情報サイト
イタリア シチリア島 タオルミーナより最新現地情報をお届けしています
FROM 04/2005 ホーム > エトナのワイナリー > ガンビーノ
「ガンビーノ」ワイナリー訪問専用車コース
ガンビーノ〔Gambino〕は、1979年にガンビーノ・ラチーティ家により設立されたエトナ山の北東山麓のリングアグロッサの標高約800〜900mに位置しています。
エトナ北東山麓の12ヘクタールの葡萄畑の他、近年シチリア中部のリエージにも12ヘクタールの葡萄畑を購入し、エトナの土着葡萄以外のシチリアの葡萄(ネーロ・ダヴォラ、カベルネ、グリッロ等)を栽培しています。
エトナのワイナリー ガンビーノ
さっぱりした味のエトナの白
標高800〜900mは、エトナの黒葡萄ネレッロ・マスカレーゼを栽培できる限界の高さ、それゆえワイナリーを始めた当初は、葡萄の栽培が成功するか心配されましたが、標高の高い山特有の昼と夜の激しい気温差は、赤ワインの深みと風味を増させ、アロマの強いエトナの白葡萄カリカンテを栽培出来ることが分かりました。

エトナ山北側の標高約800〜900mにあるワイナリーからは、段々畑の葡萄畑、その向こうには山麓の町、そして遠くにはタオルミーナと、空気が澄んでいる日には海の向こうにイタリア本土も見えます。ワイナリーの周囲一帯には、鬱蒼とした栗林が広がり、秋には栗がたわわに実ります。

現在は、二代目のフランチェスコ氏とフィラデルフォ氏が、ワイナリーの経営にあたっています。人里離れた不便なところにあるにもかかわらず、訪れる人の絶えないホスピテリティ溢れるエノテカ風ワイナリーになっています。2013年にはエトナの有名ワイナリーから醸造家を引き抜きいて、ワインの質が年々高まってきている、今後楽しみなワイナリーです。
ガンビーノのワイン
フェウ・ド・ル」 IGT 白・赤
白はグリッロとカリカンテ
赤はネレッロ・マスカレーゼとネーロ・ダヴォラ
ティフェオ」 エトナDOP=DOC 白・赤・ロゼ
白はカリカンテとカララット
ロゼはネレッロ・マスカレーゼ100%
赤はネレッロ・マスカレーゼとネレッロ・カプッチョ
ドゥバネーラ」 IGT 赤
ネレッロ・マスカレーゼ100%
アリカント」 IGT 赤
カベルネソーヴィニヨン、グルナッシュ
ペット・ドラゴーネ」 エトナDOP=DOC 赤
ネレッロ・マスカレーゼ100%
ガンビーノのワイナリー
鬱蒼とした栗林を抜けた先にはテラス式葡萄畑があり、その高台にワイナリーはあります。
エトナのワイナリー ガンビーノ エトナのワイナリー ガンビーノ エトナのワイナリー ガンビーノ
ワイナリーの建物 試飲室の外に広がる葡萄畑 ネレッロ・マスカレーゼ(10月初旬)
エトナのワイナリー ガンビーノ エトナのワイナリー ガンビーノ エトナのワイナリー ガンビーノ
初夏の葡萄畑 秋の葡萄畑 冬の葡萄畑
エトナのワイナリー ガンビーノ エトナのワイナリー ガンビーノ
ベーシックコースで試飲するワイン チーズの盛り合わせ 樽を再利用したテーブル
専用車の旅 タオルミーナ発日帰り観光「エトナ北東山麓のワイナリーガンビーノ訪問」にて、ガンビーノのワイナリーを訪れてみませんか。
葡萄畑の見える試飲室で、ワインのみのコースに場合は5種類のワイン、フルコースの場合はシチリア産チーズ&サラミの盛り合わせ+豆のスープまたはクスクス+粗挽きソーセジと一緒に、4〜5種類のワインをテイスティングします。
タオルミーナからカターニア空港に行く途中に立寄る途中観光付トランスファー「タオルミーナ−エトナ北東山麓のワイナリーガンビーノ−カターニア空港」もあります。
© All Rights Reserved 2005-2019 SICILIA CLUB 本サイトに掲載されている画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用は禁止されています。